ブログ書きっぱなしは良くない、というお話。見直しによって判明する、誤字脱字やわかりにくい表現の数々。

 こんにちは、みかずきです。

 毎回、注意して読み返してからブログをアップしているのですが、後日とんでもない間違いなんかが判明するってこと、結構あるんですよ。

 そんなわけで、ブログは書きっぱなしじゃ良くない、というお話です。

誤字脱字・わかりにくい表現はあると思え。

誤字脱字

 さてさて。

 注意しているつもりでも、タイプミスなんかでうっかり誤字ったり脱字ったりすることは、よくあることです。あと、思い込みによる勘違いとかも、自分は多いですね。

 アップした時って、間違ってると思わないで文章を読むので、意外と見落としてしまいがち。時間が経ってからの方が、発見しやすかったりします。

わかりにくい表現

 書いたときは大丈夫だと思っていても、改めて読むと何のことか、何を指しているかが、わかりにくい表現を使ってしまっていること、ありますよね。

 こっちも、時間が経って初めて気付くケースが多いと思うんです。だって、書いた当初は自分ではわかっていたんですから、気付きようがないですもん。

完璧だと思っても見直そう!

 どれだけ完璧だと思っても、後日読み返すクセをつけると、ブログの内容の精度がアップしますし、何も悪いことなんてないと思うんです。

 書きっぱなしではなく、過去を振り返ることもブログを書く上では大事だったりしますので、日々心のどこかにそういう意識をもっておくと良いかと思います。

 ——と、自分に言い聞かせるために文字に起こしてみました。いや、実はこのブログも、あちこち間違っていることに気付いたので、修正せねばならんのです(汗)。

 それでは、また次回っ!

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)