おだやかじゃない! 『アイカツ!』映画化決定!! その経済効果や如何に!?

おだやかじゃない! 『アイカツ!』映画化決定!! その経済効果や如何に!?
劇場版 アイカツ!公式サイトスクリーンショット

 こんにちは、“おだやかじゃない”みかずきです。

 ついに、ついに、決定しましたね! 『アイカツ!』の映画化!! どんな内容になるんでしょう、ドキドキワクワクで、今から眠れない日々が続きそうです!

そんな『アイカツ!』ですが、コンテンツとしての人気を裏付ける数字が、今回の映画化の各所の記事で紹介されていました。

女児コンテンツナンバーワン規模!

数字が裏付ける『アイカツ!』人気

 さてさて。

 いろんな記事に目をとおしてみたところ、その市場規模たるや、かなりのものであると実感できる数字がずらり。『シネマトゥデイ』の記事では、下記のように紹介されていました。

原作ゲームは設置店舗が3,000店以上、累計カード出荷枚数が1億枚を突破(2014年3月見込み)するなど女児コンテンツとしてはナンバーワンの規模を誇っている「アイカツ!」。

 それだけでなく、『マイナビニュース』の記事でも下記のように紹介されていました。こちらも、おだやかじゃない!

アニメが2ndシーズンに突入するとともに、2014シリーズ第1弾もスタートし、公式ファンブックは累計100万部を販売するなど、小学生女子を中心に中高生や大人までファン層は拡大中で、社会現象ともいえる人気を獲得している。

 この、累計カード出荷枚数の1億枚というのは、1枚100円として単純計算すると、なんと100億円(!)にもなり、経済効果のすごさを物語っています。

 また、公式ファンブックの累計100万部というのは、1冊840円として単純計算すると8億4千万円となり、こちらもかなりの経済効果を生んでいます。

 そんな『アイカツ!』が映画化されるとなれば、注目されないわけがありません! 劇場版として、どんな経済効果を生み出すのか、そんなところまで楽しみでしかたありません。

 それでは、また次回っ!

関連リンク

劇場版 アイカツ!
アイカツ!
データカードダス アイカツ!

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)